ニキビ

ニキビを治すための正しい洗顔方法とその手順

 

ニキビを治すための正しい洗顔方法とその手順は、まず、手を洗ってからぬるま湯で毛穴をしっかり広げるようにします。ニキビに黴菌が入ると悪化するので、洗顔前には手を洗うのが必須です。手は目立った汚れがなくても黴菌がたくさんついているものです。
洗顔する前は、しっかり手を洗って、菌が顔につかないようにしないといけません。手をキレイに洗ったら、32度くらいのぬるま湯で顔をすすぎます。そうすると毛穴が広がるので、汚れを落としやすくなります。

 

次に洗顔料を泡立てるのですが、その際、キメの細かいモチモチの泡を作るようにします。しっかり泡を立てたら、皮脂量の多いところから洗顔していきます。

 

皮脂量の多い、Tゾーンからはじめ、頬、あごと外側に向かってやさしく洗っていきます。その時、決してゴシゴシ洗ってはいけません。肌に直接手が触れないよう、泡で転がすような感じで、優しく洗顔していきます。
そして洗顔後は、洗い残しがないようしっかりすすぎます。洗顔料が顔に残っていると、毛穴を詰まらせてニキビが出来やすくなるので、充分にすすぎましょう。そして最後は、清潔なタオルで押し当てるようにしてやさしく水気を取り、化粧水と美容液でしっかり保湿します。

 

肌荒れ・ニキビの対策ステップ

 

ニキビを悪化させないための化粧水はどれかというと、おすすめはリプロスキンです。ニキビ跡のための導入型柔軟化粧水で、ニキビを悪化させません。ニキビ跡に有効な8種の美容成分が、肌内部にまで行き届くよう開発されています。新しい発想のスキンケアラインで、ニキビ跡化粧品として抜群の知名度があります。利用者の満足度も高く、ニキビを悪化させないために使用する化粧水としておすすめできます。草花木果もニキビにおすすめの化粧水で、どくだみをはじめ、肌に優しい植物成分がたっぷり配合されています。

 

ニキビのできやすい肌を改善すると共に、ニキビの悪化を阻止します。

 

ニキビを予防したい人にピッタリで、無添加化粧品なので敏感肌の人でも安心して使用できます。即効性は期待できませんが、価格が手頃で、しっとりタイプ、さっぱりタイプの2種類あり、自分の肌質にあわせて選べるのが良いです。
ビーグレンもおすすめで、価格はやや割高になりますが、効果の高さは抜群です。ニキビ化粧水として定評があり、国際特許の浸透技術を採用しています。抜群の浸透力があるので、ニキビ肌を改善し、ニキビを悪化させません。

 

ニキビを良くするには?

続きを読む≫ 2015/07/06 17:49:06